なんかんの匠は南関競馬(大井・浦和・船橋・川崎)専門情報サイト

年間260日間以上の開催が行われる南関東競馬は代表格の大井競馬(東京都)、そして浦和競馬(埼玉県)、船橋競馬(千葉県)、川崎競馬(神奈川県)の4競馬場で開催。

魅力なのが大井競馬だ。

地方競馬史上最高額馬券26,693,120円(3連単)が2017年6月27日に出ており、川崎競馬では正月競馬2003年1月7日に5,470,730円(3連複)が出ている。

ここだけの的中金額を見れば、たまたまと思うかもしれないが開催毎日のように万馬券が出ており、当なんかんの匠も多くの万馬券を的中。

中央競馬の的中金額を中心に見てしまえば、安いオッズに見えるかもしれないが、開催日数からも獲得のチャンスの多さは圧倒的である。

圧倒的なチャンスを活かし、我々独自の情報を基に出走馬の出走理由、簡単にお答えすれば勝負出走なのか餌代稼ぎの出走なのか、向上戦略の格上挑戦なのか、成績が欲しい格下挑戦なのか、馬主や厩舎側の動向をしっかりキャッチする事も重要だ。

極論のお話しをすれば、中央競馬ほど厳しくないのが地方競馬で、金沢競馬での明かな八百長疑惑などの闇が多いからこそ、馬主、厩舎側の動向がいかに重要かお分かり頂けるはず。

そしてこの制度。

サラリーマンでも馬主になれるユルユル緩い地方競馬、もちろん地方競馬全国協会の審査はあるが、個人申請なら年間所得が500万円以上なら誰でも馬主になれてしまうのも問題だ。

しかし、この問題点を上手く利用し、年間260日以上のチャンスが訪れる馬券獲得チャンスになんかんの匠は勢い緩める事なく、多くの馬券掴み続けて行く。

トップ 匠の競馬 的中実績 無料登録 お問い合わせ 利用規約 特定商取引法に基づく表記